【工業高校恋愛】女友達ゼロでも他校の彼女を確実に作れる禁術を公開します。

===============

え!?

 

 

スマホを1日15分

ポチポチ操作するだけで

 

 

『一度も会うことなく』

 

 

たった1週間で

他校の女子高生

5人と友達になって、

 

 

わずか60日以内

お気に入りの女の子を

彼女にすることができるんですか!?

 

 

 

はい、可能です!

===============

 

 

jk

 

 

然ですが、

アナタはこのようなことで

悩んでいませんか?

 

 

男ばかりの環境にいて

 

 女子高生との出会いがない

 

 

彼女がいないので

 

 部屋で一人寂しさを感じたことがある

 

 

共学校のヤツが味わうはずの

 

 青春を失ったと絶望的に感じている

 

 

道端や駅でイチャイチャしている

 

 カップルを見ると寂しい気持ちになる

 

 

もし上記の項目に一つでも

『チェック』がついたアナタは

続きを読んでください。

 

その悩みを一瞬のうちに消し去り、

スマホ1台で女子高生との出会いを量産する

禁断の方法をお伝えしていきます。

 

 

「え?怪しい・・・」

 

 

と思ったかもしれません。

 

 

でも安心してください。

 

 

出会い系に登録しろ、など

悪い事では決してありません。

 

 

学生であれば誰でもやっている

あの『SNSで出会いを

量産する方法があるんです。

 

 

 

これを知ることであなたは、

 

 

レポートがどんなに忙しくても。

 

部活を頑張って疲れていても。

 

国家資格の勉強を

頑張らないといけない時期であっても。

 

 

必ず1週間で5人の

他校の女子高生と友達になり、

 

あなたの好きなときに

SNSで出会った女子高生と

週1回以上はデートできるようになって、

 

 

男子だらけの環境で失いかけてた、

制服女子と送る青春の高校生活を

『あなただけ』が 取り戻すことができるのです。

 

 

 

ほんの3分でかまいません・・・・・

 

 

 

静かな部屋で落ち着いて、慎重に

ここから先を読み進めていただければ、

 

 

あなたは少なくとも

60日間以内に彼女を

ゲットすることができるでしょう・・・

 

 

 

 

女ができたときのことを

想像してみてください・・・

 

 

 

他の男子と一緒に帰っている時に

「俺、このあと用事あるから!」

彼女と放課後に会う・・・

 

 

制服姿の彼女と

駅前の店でショッピングしたり、

プリクラを楽しく撮る・・・

 

 

男同士では入りにくい

スイーツパラダイスに彼女を連れて

堂々と入ることができる・・・

 

 

 2015070820202177d.jpg

 

 

夏は一緒に海やプールに行き、

可愛い彼女の水着姿を

最短距離で見ることができる・・・

 

 

jk

 

 

浴衣で花火大会に行き

彼女の手をギュッと握りながら、

 

あなたのスマホ

花火をバックにピースをして

2ショットの記念写真を撮る・・・

 

 

クリスマスには

思い切って都内に出てみて、

ロマンチックな街並みを

彼女と寄り添って歩く・・・

 

20150708202121ea7.jpg

 

 

休みの日にはディズニーランドに行き、

 

二人とも制服姿で

おそろいの耳をつけて、

念願の『制服ディズニー』を することができる・・・

 

 

家に親がいない時は

コッソリと部屋に彼女を呼んで、

 

お互い恥ずかしがって

顔を真っ赤にしながら キスをする・・・

 

 

別れ際、 帰ろうとすると

後ろからギュッと抱きしめてきて

 

「ねぇ、離れたくない・・・」

 

と彼女から言われる・・・

 


大好きなかわいい彼女と

泣いたり、笑ったりする・・・

 

 

 

そんな『最高の青春』すべてを

アナタが独り占めするためのノウハウ

これから具体的にお話していきます。

 

 

 

だその前に、

正直にお話しておかなければならない

事実があります。

 

 

なぜこのような貴重なノウハウ

公開するかと言いますと、

 

 

「過去の自分のような人を

増やしたくないから。」

 

 です。

 

 

今は出会いに一切困らないし、

初対面の女の子とも

目を見て会話することができるし、

 

 

女の子を笑わせる話ができます。

 

女の子を楽しませることができます。

 

 

最低でも週に1回はデートをしたりと

充実した生活を送れていますが、

 

 

もともと僕は・・・

 

 

20歳まで

彼女いない歴=年齢の童貞野郎で、

女友達と言える人が

一人もいなかった残念な男だったんです。

 

 

僕は幼稚園児の頃から太っていて、

中学校を卒業するまで

周りの友達から馬鹿にされてきました。

 

 

『デブ』

 

 

これはもちろんのこと

 

 

「なんだその腹!笑」

 

「ケツでかくね?笑」

 

 

夏は特に最悪で、

授業でプールがあるときは

 

 

「お前胸でかくね?笑」

 

「何カップあんの??笑」

 

 

などと言われて太っていることを

馬鹿にされ続けてきました。

 

 

男友達との会話に困ることはなかったけど、

 

 

女の子とは目を合わせて話せないし、

話しかける勇気もない。

 

話せたとしても2、3回のやり取りで

会話がストップして

沈黙してしまうような状態でした。

 

 

もちろん恋愛なんて上手くいかず、

彼女どころか女友達と言える人が

一人もいなかったです。

 

 

気になる女の子がいても

遠くから眺めているだけで、

 

 

(どうせ告白なんてしても、僕なんかと

付き合ってくれるわけない・・・)

 

 

自分に全く自信が無く、

結局告白もしないで自分勝手に

諦めていました。

 

 

とにかく太っていることがコンプレックスで

何をするにも自信が無く、

人生に期待など一切できない日々でした。

 

 

 

【全く変わらない暗黒の3年間】

 

 

パッとしない平凡以下の中学生活を終え、

僕は高校三年間を 『工業高校』で過ごしました。

 

 

3年間男だけのクラスで

女の子が視界に入ることない毎日・・・。

 

 

1日で会話する女性が母親だけ

なんてことは普通。

 

1ヵ月に1回女の子と会話する

機会があれば奇跡です。

 

とにかく女の子と会話することが

『イベント』みたいな状態でした。

 

好きな子をつくる、いや

眺めることすらできない環境に

3年間閉じ込められたんです。

 

 

もちろん男子だけのクラスも

ワイワイしていて楽しいのですが、

 

いつも

「女の子がいたらもっと楽しいのに」

と思っていました。

 

 

工業高校入学時の体重は82kg。

 

相変わらず、

 

『デブ』

 

『自分に自信がない』

 

『女の子との会話が続かない』

 

彼女いない歴=年齢』

 

『女友達ゼロ』

 

『恋愛スキルゼロ』

 

 

そんな状態でも

 

 『女の子とデートしたい』

 

『彼女が欲しい』

 

という気持ちを心の底から

消し去ることはできませんでした。

 

 

 

『何か変えないと!』

 

 

と思った僕は

痩せるために運動部に所属しました。

 

 

なぜかというと、

 

いくら出会いがない工業高校生でも

自分が痩せて見た目が変われば、

 

駅や電車の中で

地元の同級生と再会して、

変わった自分のことを

異性として認識してくれるかもしれない!

 

と思ったからです。

 

 

 

『とりあえず痩せる!』

 

 

走るのは大嫌いでした。

中学生の時まで短距離も長距離も

学年でビリの遅さでした。

 

 

最初は辛かったです。

 

諦めそうになった時もありました。

 

 

それでも僕は苦手だった 走ることを克服し

1年で10kgの減量に成功しました。

 

 

『これなら彼女できるんじゃないか?』

 

 

地元の同級生に再会したら

イメージアップになって、

 

 

久しぶりだから会話も弾んで、

 

連絡先も交換して、

 

二人きりで遊べるようになって、

 

デートして、

 

それから・・・

なんて妄想をしていた毎日でした。

 

 

駅でちらちら周りを見渡しては

同級生の女の子を探す毎日・・・

 

 

ついに、

 

その瞬間はやってきました。

 

 

再会した地元の女の子は、

偶然にも中学2年生の時に

好きだった子でした。

 

最初顔を合わせた時、

彼女は僕のことに

全く気が付きませんでしたが、

 

 

「え?久しぶりだね!」

 

「めっちゃ痩せたね!」

 

 

って言ってもらえたので

 

 

(良いイメージは与えられた!)

 

(痩せてよかった!)

 

 

とここまでは妄想通りだったのですが・・・

 

 

 

ここから先は悲惨でした。

 

 

駅から彼女を家まで送る間

たった10分程度なのに、

 

 

会話が全く続かない。

 

盛り上げるような会話ができない。

 

(どう接したらいい?)

 

(どう話を切り出したらいい?)

 

 

ともう一人の自分と対話し始めます。

 

 

しかし、何もフレーズが浮かばずに

完全に思考停止。

 

 

結局盛り上がることもなく・・・

連絡先を聞き出すこともできず・・・

 

妄想の9割が叶うことはありませんでした。

 

 

その女の子と別れてから 一人反省会。

 

(なぜこんなに会話ができない・・・)

 

【工業高校=男子校】

ハッキリ言ってもいい環境で

女の子との会話する

経験値の低さを改めて痛感しました。

 

 

このままでは

 

 

(どんどん女の子が苦手になる・・・)

 

(仲の良い女友達さえつくれずに

高校3年間を終えてしまう・・・)

 

(彼女なんかできるわけない・・・)

 

 

『そんなのはいやだ!』

 

そうして毎年、文化祭の時期になると、

 

「今年こそは彼女作る!」

 

と意気込み、

 

女の子と会話が続かないくせに、 ナンパをして

 

撃沈・・・

 

 

女の子の連絡先なんて

一度もゲットできませんでした。

 

 

結局僕の高校3年間は、

 制服デートしたり

放課後に女の子と遊んだり

 

そんな共学校のヤツらが経験するような

いわゆる『青春時代』は少しもありません。

 

 

クリスマスやバレンタインなどの

リア充イベントの日は自宅待機か

クラスメイトの男と傷の舐め合い。

 

母親が

「あれ、チョコもらった?笑」

と言ってくるのがウザい。。

 

街中ですれ違うカップルを見ると

うらやましい反面、

 

 

(なんで、あんなブサイクに

 彼女がいるんだ・・・)

 

(なんでオレには彼女どころか、  

女友達すらいないんだ・・・)

 

 

世の中の男子高校生が

女の子と楽しくおしゃべりしたり、

手をつないでデートしたり、

 

家に親がいない時に

コッソリと部屋に彼女を呼んで

イチャイチャしている間、

 

僕は1人部屋にこもって

ネットのエロ画像やエロ動画を眺めて、

自分を慰める・・・

 

 

そんな恥ずかしい毎日の繰り返しで

高校生活3年間を終えてしまいました。

 

 

工業高校を卒業して就職してからも

 

 

「またこの夏も彼女ができなかった・・・」

 

「今年も彼女ができずに

クリスマスを迎え、年を越すのか・・・」

 

「このままずっと彼女なんてできないのだろうか・・・」

 

 

そんな絶望的な毎日を過ごしていたのです。

 

 

 

【突然訪れた人生の転機】

 

 

 

そんなある日、

高校からの友達のK君が

こう言ってきたんです。

 

「彼女できた!!」

 

耳を疑いました。

 

どういうこと?って

 

 

なぜかというと

言い方は悪いですが

K君に彼女ができるなんて

全く思っていなかったからです。

 

 

K君はマンガやアニメが好きな

いわゆる『オタク』

 

ファッションや髪型には

まったく興味がなく、

 

普段の洋服は小学生のように

親に買ってもらったものを着て、

 

寝ぐせだらけ髪型で

散髪は近くの床屋で切っていました。

 

ルックスも丸顔で『イケメン』とは程遠く、

運動神経ゼロ、

身長も170センチもないし、足も短い、

 

休日は家でゲームやマンガをして

引きこもった生活をしている男でした。

 

 

遊ぶ時は男としかいないし、

女友達なんていないはず。

 

そんなヤツに彼女ができたと聞いて

僕は耳を疑ったんです。

 

当時からK君とは仲良くしていましたが

正直恋愛においては

彼に先を越されるなんて、

全く思っていませんでした。

 

 

それなのに・・・。

 

 

「K君に彼女ができて

オレにはできない・・・。」

 

「モテる要素ゼロだったK君に

オレは負けたのか・・・!?」

 

「このままじゃヤバい!

取り残される・・・!」

 

 

あの時ほど

恋愛について焦ったことはありません。

 

 

それまでの僕は

 

 

【彼女が欲しい!】

 

 

って心の底では思っていたのですが、

 

 

(電車の中にかわいい子いないかな・・・)

 

 

とナンパする勇気もないクセに

自分の好みの女の子を探すだけ。

 

 

(駅や地元で同級生との

再会なんてないかな・・・)

 

 

と思っているだけで 女の子との出会いを

『待っていた』のです。

 

 

『このままじゃダメだ!』

 

『出会いを待っていては彼女ができない!』

 

 

K君の一件がキッカケになり

僕は『彼女をつくるため』の行動を

本気でするようになりました。

 

 

しかし相変わらず、

 

 

「どうしたらいいのかわからない・・・」

 

「どうやったら女の子と出会えるんだよ・・・」

 

 

何もわからない僕は

女友達ゼロから彼女をゲットした

K君に相談しました。

 

「どうやって彼女できたの?」

 

僕はK君にしか頼れなくて

しつこく聞きまくったんです。

 

 

するとK君は

「わかった。こんど教えるよ!」

と言ってくれたのです。

 

 

 

【人生が180°変わった日】

 

 

次の日曜日

K君はすべてを教えてくれました。

 

 

それは

  

Twitterで会う』

 

20150708225244e28.jpg

 

というものでした。

 

 

今は、Twitterで仲良くなってから

実際に会ってみて仲良くなり

付き合う人が多いんです。

 

普通の女の子と仲良くなろうとしたら

勇気を出して話しかけて

会話しないといけません。

 

それだと緊張したり

うまく会話が続ないこともありますよね。

 

 

でもTwitterなら

 

 

・リプ(他人のツイートに返信すること)

 

・DM(ダイレクトメッセージ)などの

 

 

文章だけなので 気軽に話かけられるんです。

 

実際の会話だと間が空くと困りますが、

Twitterなら5分空いても10分空いても

大丈夫だから安心。

 

もし失敗しても

フォローを外せばいいだけだから

クヨクヨしなくていい。

 

 

「こんないいものはない!」

 

 

と思いました。

 

 

彼に手とり足とり教えてもらいながら

2週間後・・・

 

何回かTwitterでダイレクトメッセージを

やりとりした女の子からLINEをゲットし、

 

「ねぇ、こんど会わない?」

 

と言われました。

 

女の子からデートに誘われるなんて・・・!

嬉しすぎる!

 

 

K君に報告すると

「やったね!すごいじゃん!」

と言ってもらえました。

 

 

次の日曜日、

その女の子と映画を観に行きました。

 

彼女は有村架純をもっと妹っぽくしたような

とてもかわいい子でした。

 

 

ふたりで映画観てから

夜ご飯を食べに行きました。

 

 

もともとTwitterとLINEのメッセージで

仲良くなっていたので会話は弾むし、

 

今日見た映画の話。

お互いの仕事の話。

過去の話。

趣味の話。

 

女の子とそんなに楽しく話したのは

それが初めてでした。

 

 

また次に会う日も決めて

その日はバイバイしました。

 

家に帰っても興奮しっぱなし

ドキドキで眠れませんでした。

 

「めちゃくちゃ楽しかった・・・!!」

 

 

その後も何度か彼女とデートして、

5度目デートで思い切って告白しました。

 

 

彼女の答えは「いいよ!」

 

 

僕は初めて彼女とデートしてから、

57日間で彼女を作ることに

成功したんです。

 

 

人生で1番幸せな瞬間でした。

 

 

ごはんを食べに行ったり、

ショッピングモールで楽しく買い物をしたり、

ディズニーランドに行ったり、

お泊りしたり・・・

 

本当に楽しいです!

 

 

それだけではありません。

 

 

僕は卒業してからの現在でも、

月1回ほどのペースで部活に

参加しているので、

現役の工業高校生との繋がりがあります。

 

 

そこで、

 

出会いに飢えていて

目も当てられないような

僕の後輩5人に教えたところ、

 

 

なんと次々と

 

 

「1週間で4人の女の子と

友達になれました!」

 

「この間Twitterで知り合った子と

ご飯に行きました!」

 

「ついに僕にも彼女ができました・・・。

先輩、ほんとに嬉しいです。」

 

 

という声が寄せられました。

 

 

その後も手とり足とり教えた結果、

5人中4人が2ヵ月以内で

彼女を作ることに成功していたのです。

 

 

この方法で、ゼロスタートから

女友達を増やしていき、

わずか2ヵ月で彼女をゲットしていく

後輩達を見て、僕は確信しました。

 

 

「僕だけに合ってたわけじゃない。

『この方法』が正しいんだ!」

 

 

Twitter恋愛は

現役工業高校生でも効果のある

再現性の高いものなんだ!」

 

 

だから今回この方法を

 

 

『工業高校は男子校だ!』

 

 

と大声で叫びたくなるくらい

出会いのチャンスがない、

 

昔の僕のように、恋愛に苦しんでいる

工業高校生を助けるために

公開することにしたんです。

 

 

今回、Twitter恋愛のすべてを

ステップごとに、

 

小学生でも理解できるようにして、

電子書籍(51ページ)に

レポートとしてまとめました。

 

 

それが、

 

『一度も会うことなく』

 

1日15分、

電車の中でも、

授業と授業の間の休み時間にでも

 

アナタの都合の良い

空いている時間を使って

遊び感覚でTwitterをポチポチいじるだけで

 

 

1週間で5人の

他校の女子高生と友達になり、

 

あなたの好きなときに

Twitterで出会った女子高生と

デートし放題になって、

 

わずか60日以内で

確実に彼女が作ることができる

 

 

 

Twitter恋愛攻略レポート』

 

 

20150708225235b0c.jpg

 

をたった今、

このブログを読んでくれているあなたに

 

 

完全無料で公開します。

 

 

 

その内容をごく一部公開すると・・・

 

 

○女友達ゼロの現役工業高校生でも、

『出会いがない』の壁をブチ壊して、

1週間で5人の女子高生と友達になるための

 

 

『恋愛マインドセット』とは!?

 

 

○覚悟してください。

 

まるで『モグラ叩き』のように

大量の可愛い女子高生が次から次へと

あなたの目の前に現れるようになる

 

あなた以外の男子高校生が

誰も知ることができない

 

 

Twitter恋愛の秘密』とは!?

 

 

○共学校のヤツらを差し置いて

自動的にあなたが選ばれるために

仕込まなければならない、

 

 

非常識な『アカウント作成術』

 

 

○あなたの近所に住んでいる

『男に飢えた女の子』だけを

ピンポイントに見つける

 

 

『悪用厳禁のツール』とは!?

 

 

○心理学を悪用したメッセージを送るだけで

テレビに出ている福士蒼汰も気にならずに、

 

『早く返信してくれないかな』

 

スマホを握りしめながら

あなたの返信を待ち続けるようになる

 

 

『メッセージテクニック』とは!?

 

 

 

これは無料レポートのうちの

ほんの一部です。

 

 

====================

  

>>ここをクリックして今すぐ

『Twitter恋愛攻略レポート』を受け取る<<

 

====================

 

 

【受け取り方】

 

 

たった3ステップで受け取れます。

(所要時間60秒)

 

①上のリンクをクリックしたら  

 新しいページに移動します。

 その真ん中にある空欄に  

 メールアドレスを入力してください。

 

送信ボタンを押せば  

 登録していただいたアドレスに、

 

 無料レポートが置かれている  

 URLが書かれたメールが  

 受信ボックスに送られます。

 

③そのURLをクリックした先で  

 無料レポートが受け取れます。

 

 

 

「え?メールアドレスを教えないと

もらえないの?」

 

 

と思うかもしれませんが、

 

 

『出会いが欲しい!』

 

『他校の女子高生と友達になりたい!』

 

 

本気の人にしか公開したくないので

こういった形をとらせてもらっています。

 

 

もちろん、

 

 

変なサイトに登録されたり、

 

迷惑メールが大量に送られてくるとか

 

個人情報が漏れるなんてことは
ないので安心してください。

 

 

受け取りましたら、

パソコンに表示させながら

Twitterしてもいいですし、

 

休み時間に、

クラスメイトのモテない男子にも

絶対に見られないよう、

Twitterをしてもいいでしょう。

 

自分の部屋だったら

実習レポートが一段落して

休憩がてらTwitterのアプリを起動し

ニヤニヤしながらいじるのもアリです。

 

あなたのリラックスできるベッドの上で

寝る前にゆったりとした気持ちで

Twitterをするのもいいですね。

 

 

このレポートに書いてある

ステップ通りに1日15分だけかけて

遊び感覚でTwitterをしてみてください。

 

 

すると1週間もすれば

他校の女友達が1人、2人、5人と

どんどん増えていき、

 

2、3週間もすれば

あなたのスマホが女子高生の

連絡先で埋まってしまうでしょう。

 

 

 

そうしたら、

そこからあなたの一番好みの

かわいい女子高生と

デートをするのもいいでしょう。

 

 

ショッピングモールにいって

映画を観たり、プリクラを楽しく撮ったり

 

今まで男子としか行けなかった ゲームセンターに

女の子と行くと楽しさ5倍になって、

 

周りのモテない男子高校生からは

羨ましそうな目で見られます。

 

 

これは僕や、

僕の後輩が実際に体験したことなので

間違いありません。

 

 

 

しかし、

そんな効果的な方法でもある

Twitter恋愛攻略レポート』にも

残念ながら弱点があります。

 


この『Twitter恋愛攻略レポート』は

アカウント作成からLINE IDを

獲得するまでの道筋を

すべて一本のテンプレート化にしています。

 

 

テンプレートというのは

誰がいつどこで使用しても

全く同じ結果を出すことができるものです。

 

 

そのためあまりに大勢の

工業高校生が同時に手にしてしまうと、

Twitter上でライバルが増えすぎてしまい

 

うまく女友達が増やせない人が

出てきてしまう可能性があります・・・。

 

 

ですので、

この『Twitter恋愛攻略レポート』には

 

数に限りがあります。

 

 

予定している人数が

レポートを獲得してしまったら

予告なしでシャッターを

ガラガラと閉めます。

 

 

手に入れた人全員に女友達、

彼女が出来てほしいので、

こればかりは仕方がありません。

 

 

許してください。

 

 

もしアナタが少しでも

 

「制服女子の彼女がほしい!」

 

と思うのであれば、

 

今すぐにこの

Twitter恋愛攻略レポート』を

手に入れることをオススメします。

 

今、この瞬間に手に入れないと
これからもずっと後悔と我慢だらけの

学生生活で終わってしまいます。

 


====================

 

>>ここをクリックして今すぐ

『Twitter恋愛攻略レポート』を受け取る<<

 

====================

 


201507082021472f6.jpg

 

 

このレポートを手に入れて

そこに書いてあるステップ通りに

Twitter上でアカウント作成や

メッセージを送信し、

 

遊び感覚で

1日15分スマホをポチポチするだけで

日に日にLINEの女友達が5人10人と

増えていきます。

 


そうすれば、

例え出会いがないアナタでさえ、

 

たった60日以内で

他校に彼女を作ることができます。

 

 

そして、

 

ディズニーランドという夢の国で

まさに夢のような時間を

制服姿の彼女と過ごすことができ、

 

親がいないときは

自分の部屋に呼んで、

彼女の甘い唇を

好きなだけ堪能することができます。

 

 

 

もう今までのように

さみしい思いをする必要がありません。

 

 

もう我慢する必要なんかありません。

 

 

あなたが女友達を作って、

彼女をゲットして悪いことなんて

絶対にありません。

 

 

 

このレポートを読み、

あなたがTwitterで女友達を沢山作り、

 

 

今まで想像していた通りのデートを重ね、

 

 

あなたの彼女ができる手助けに

なれれば僕は嬉しいかぎりです。

 

 

それでは、

Twitter恋愛攻略レポート』の中で

会いましょう!!

 


====================

 

>>ここをクリックして今すぐ

『Twitter恋愛攻略レポート』を受け取る<<

 

====================

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 


何か質問や不安があれば

いつでもメールしてくださいね♪

 

 

shoya.ths@gmail.com

 

  

 

元・出会いがない工業高校生@しょーや。