【出会いのない工業高生専用】 女友達ゼロから、他校の女子高生と出会えるようになる”禁術”を公開します。

 

=========================
え!?

 

スマホを1日15分
ポチポチ操作するだけで、

 

『一度も会うことなく』

 

たった2週間で

他校の女子高生3人と友達になって、

 

わずか60日以内
お気に入りの女の子を
彼女にすることができるんですか!?

 

 

・・・・・・・・

 

 

はい、可能です!
=========================

 

f:id:thsrenai51:20170723165333j:plain


 

 

然ですが、
アナタはこのようなことで
悩んでいませんか?
 


 
□男ばかりの環境にいて

 

       女の子との出会いがない 

 


□彼女がいないので
 

    部屋で一人寂しさを感じたことがある。 
 


□共学校のヤツが味わうはずの

 

    青春を失ったと絶望的に感じている。
 


□道端や駅でイチャイチャしている
 

    カップルを見ると寂しい気持ちになる。

 


 
もし上記の項目に一つでも
『チェック』がついたアナタは
続きを読んでください。


 
その悩みを一瞬のうちに消し去り
たった2週間で女の子3人と友達になって、
直接会ってデートまで出来るようになった 


SNS活用術女の子との会話術
デートプラン構築法ファッション術

アナタに伝授します。

 

  

f:id:thsrenai51:20170723165530j:plainf:id:thsrenai51:20170723165559j:plainf:id:thsrenai51:20170723165622j:plain

 

 

これを知ることであなたは、

 

レポートがどんなに忙しくても。

 

部活を頑張って疲れていても。

 

国家資格の勉強を
頑張らないといけない時期であっても。

 

 

必ず2週間で3人の
他校の女子高生と友達になり、


あなたの好きなときに
SNSで出会った女子高生と
週1回以上はデートできるようになって、

 

男子だらけの環境で失いかけてた、
制服女子と送る青春の高校生活を
『あなただけ』が 取り戻すことができるのです。

 

  

ほんの3分でかまいません・・・・・

 

 

静かな部屋で落ち着いて、

慎重にこの下のURLをタップして

詳細を確認してください。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://koichan238.xsrv.jp/nexus/

 

 

 

 

      元・出会いがない工業高校生@しょーや。

 

 

 

就職先でも90%の確率で女の子はいません。

 

 

え・・・・・・

 

 

工業高校卒で社会人になると

90%以上の確率で、

 

 

女性の全くいない

職場で仕事をすることになるって

本当ですか??

 

 

f:id:thsrenai51:20170410120147j:plain

 

 

上記に書いてあることが

真実だとしたら

アナタはどう思いますか?

 

 

 

さて、今回は

僕の高校時代の友達で、

 

 

『工業高校を卒業し、就職をして

社会人になった友達の話』

 

 

をしていこうと思います。

 

 

 

「なぜこの話をするのか?」

 

 

もしアナタが

工業高校を卒業し、

『就職』という選択肢を

少しでも考えているなら、

 

どうしても知っておいてほしい

現実的な話だからです。

 

 

もし就職を考えているなら、

この記事を今すぐ

じっくりと読み進めていかないと

 

 

僕の工業高校時代と同じように

 

 

『女友達すらいない・・・』

 

『バレンタイン、クリスマスは一人ぼっち・・・』

 

『出会いがない・・・』

 

 

と3年間悩み続けることになって、

 

 

そして、会社員になっても

 

「ここは工業高校か!」

 

と叫びたくなるくらい

全く同じ状態になってしまう

確率はさらに高くなると思います・・・

 

  

f:id:thsrenai51:20170410123141p:plain

 

 

 

「そんなのは嫌ですよね?」

 

 

 

なので、ここから先の文章を

読み進めていって

何かを感じとってくれたら

良いと思っています!

 

 

 

では、、、

お話していきますね。

 

 

 

 

僕の友達は

松原くんといって

高校3年間同じクラスでした。

 

 

野球部にいたので

部活はめちゃ頑張っているので、

性格は真面目。

 

成績は全然良くなかったですが・・・笑

 

 

ちょっぴりお調子者なので

良いキャラはしていました!

 

 

松原くんは小さい頃から

野球一筋で、

 

一生懸命やっていたこともあり、

女友達もほぼいない。

 

 

お調子者なので、女の子からは

恋愛対象にならなかったみたいです。笑

 

 

高校時代も

野球を頑張っていたので、

 

「出会いないな~」

 

と一緒にぼやいていました。

 

 

松原くんが部活休みで

遊びに行ったりするときは、

 

共学校の男女とかを

街中で見かけたりして、

一緒に羨ましがっていました。

 

 

f:id:thsrenai51:20170410123517j:plain

 

 

 

そんな松原くんは

鉄道関係に就職しました。

 

 

職場には

40歳を超えた事務のおばちゃん・・・

 

まだ18、19歳の

若いときは

恋愛対象にすらなりませんよね。笑

 

(まぁ人の好みはそれぞれですが・・・笑)

 

 

 

そして、

 

上司は50過ぎのおじさんと

少し年の離れた先輩? 

みたいな人もいるけど、

ほぼ全員彼女はいないらしいです・・・

 

 

 

その先輩と

少し恋愛の話になったとき、

 

「出会いがないんだよ!」

 

と言っていたそうです。

 

 

 

そこで僕は思いました。

 

 

【それ工業高校と変わらないじゃん】

 

 

って。

 

 

 

アナタがもし就職を考えているなら、

就職先によっては

松原くんのような状況が

起こる可能性が非常に高いと思います。

 

 

 

工業高校でも

 

 

【出会いがない】

 

 

社会人になっても

 

 

【出会いがない】

 

 

 

とても辛すぎる話ですよね・・・

 

 

僕も職場に

女性が全くいなかったので、

松原くんの辛い気持ちは

よくわかりました・・・

 

 

 

だからこそ

工業高校生のアナタには

 

『今のうちから』

 

女の子との出会いを

求めて頑張ってほしいんですよね・・・

 

 

 

なぜなら、

 

 

社会人になったら

仕事によって自分に使える時間が、

少なくなってしまいます。

 

 

f:id:thsrenai51:20170410123809j:plain

 

 

すなわち、

 

 

自分のプライベートな時間が

少なくなってしまい、

『恋愛』に懸ける時間も

少なくなってしまうんですよね・・・。

 

 

 

工業高校を卒業して

社会人になった先輩から伝えられるのは、

これぐらいと思って

ブログに書かせてもらいました!

 

 

LINEやメールで

ブログの感想とかも

お待ちしています!

 

 

今日もここまで読んでいただき

ありがとうございました♪

 

 

 

元・出会いがない工業高校生@しょーや。

今日は1日裸で過ごします。

回は僕の

 

『誰にも言いたくない恥ずかしい過去』

 

について、お話していこうと思います。

 

 

僕はもともと

 

・”デブ”だから見た目に自信ナシ。

・元いじめられっこ

・20歳まで彼女いない歴=年齢。

・女の子の目を見て会話できない。

・何を話したら良いか分からない。

・女友達を言えるような人は0人。

 

 

上に書いてあるような

状態だったんです・・・。

 

f:id:thsrenai51:20170330110235j:plain

 

なので今回は、

この恥ずかしすぎる話を

正直に公開していきます。

 

 

おそらく、このブログを

読んでくれているアナタは、

 

「出会いがない!」

 

と叫びたくなるほど

悩んでいるのかと思います。

 

 

僕も工業高校に

通っていた時は

 

・出会いがない

・女の子との会話が苦手

 

そんな恋愛に関する悩みを

抱えたまま

青春の高校生活を終えてしまいました・・・

 

 

『そんな思いをしてほしくない』

 

そんな気持ちで

アナタに向けてブログを

書き進めています。

 

 

ここからの文章を

読み進めていって、

 

「この人にできるなら、俺もやってやる!」

 

と少しでも思ってもらえたら

嬉しいので、

特別にお話しようと思います!

 

 

 

はお話していきますね・・・

 

 

僕は今、埼玉の某所に住む

ごく普通の会社員です。

 

工業高校の電気科を卒業し、

そこそこ大きい企業に入社しました。

 

なので、

そんな大した人間でもないです。笑

 

 

今の職場の環境としては、

周りに女性は全くいません・・・。

 

高校に引き続き、

社会人になってもか・・・と

入社当時は深く落ち込みました。

 

 

まぁこれもあるある話なんですが、

 

出会いのない工業高校を卒業し、

社会人になると

その職場にも女の子がいない。

 

なーんてのは

よくある話です。笑

 

 

僕の同級生で就職した人の

およそ8割近くは、女の子のいない

職場なんじゃないでしょうか?m(_ _)m

 

 

だからこそなんですかね、

 

『出会いは自分で求めていかないといけない』

 

と強く思うようになったのは。

 

なので、

このブログを読んでくれているアナタも

『何か出会いを見つけたい』

一心なのではないでしょうか??

 

 

だから

僕はアナタの気持ちが

よくわかります。

 

僕も工業高校生の時は

全く同じことを

3年間思っていたんですからm(_ _)m

 

 

f:id:thsrenai51:20170330110423j:plain

 

 

しかも僕は

小学校~中学校の時まで

軽いイジメにあっていました。

 

理由は

『太っていたから』です。

 

 

 

「デブ!」

 

この言葉で馬鹿にされるのは

もちろんのこと、

 

 

「なんだその腹!笑」

 

「ケツでかくね?笑」

 

 

と言われて馬鹿にされたり、

 

 

夏は特に最悪で、

授業でプールがあるときは

 

 

「お前胸でかくね?笑」

 

「何カップあんの??笑」

 

 

などと言われて

太っていることを

馬鹿にされ続けてきました。

 

 

勉強面もパッとせず、

テストの順位も

したから数えたほうが早い。

 

 

趣味はゲーム。

 

ゲーム好きの冴えない

男友達と家に集まり、

モンハンやスマブラばかり。

 

ひたすらゲームばかりやっていました。

 

 

 

とにかく、

 

なんの取り柄も、特技も特徴もない

あからさまにモテない

絶望的な男子でした。

 

 

こんな状態の自分に

自信なんてありません。

 

 

 

けれども、

 

 

「女の子と付き合いたい」

 

「デートとかしてみたい」 

 

 

そういう気持ちはありました。

 

 

しかし、

唯一の男友達との

会話には困らなかったけど、

 

 

女の子とは目を合わせて話せないし、

話しかける勇気もない。 

 

話せたとしても2、3回のやり取りで

会話がストップして

沈黙してしまうような状態でした。

 

 

気になる女の子がいても

遠くから眺めているだけで、

 

 

(どうせこんなデブ相手にしてくれるわけがない)

 

(会話もどうしたらいいかわからない・・・)

 

 

という状態。

 

自分に全く自信が無く、

結局告白もしないで自分勝手に

諦めていました。

 

 

彼女どころか、

女友達と言える人が

一人もいなかったです。

 

 

とにかく、

太っていることがコンプレックスで

何をするにも自信がなく、

 

 

 

人生に期待など

一切できない日々でした。

 

 

 

高校に入学しても

その状況は一切変わらず、

しかも女の子のいない環境。

 

 

1日で会話する女性が母親だけ

なんてことは普通。

 

1ヵ月に1回女の子と会話する

機会があれば奇跡です。

 

とにかく女の子と会話することが 

『イベント』みたいな状態でした。

 

好きな子をつくる、いや、

眺めることすらできない環境に

3年間閉じ込められたんです。

 

 

f:id:thsrenai51:20170330110706j:plain

 

 

このままでは 

 

 

(どんどん女の子が苦手になる・・・)

 

(仲の良い女友達さえつくれずに

 高校3年間を終えてしまう・・・)

 

(彼女なんかできるわけない・・・)

 

 

 

『そんなのはいやだ!』

 

 

毎年、文化祭の時期になると、

 

 

「今年こそは彼女作る!」

 

 

と意気込み、

他校の文化祭に乗り込むも、

ナンパする勇気がない・・・

 

女の子の連絡先なんて

一度もゲットできませんでした。

 

 

 

 

結局僕の高校3年間は、

 

制服デートしたり

 

放課後に女の子と遊んだり

 

 

そんな共学校のヤツらが経験するような

いわゆる『青春時代』は少しもありません

 

 

クリスマスやバレンタインなどの

リア充イベントの日は自宅待機か

クラスメイトの男と傷の舐め合い。

 

 

バレンタインの日には母親が

 

「あれ、チョコもらった?笑」

 

と言ってくるのがウザい。。

 

 

街中ですれ違うカップルを見ると

うらやましい反面、

 

 

(なんで、あんなブサイクに 

 彼女がいるんだ・・・)

 

(なんでオレには彼女どころか、

女友達すらいないんだ・・・)

 

 

世の中の男子高校生が

 

女の子と楽しくおしゃべりしたり、

手をつないでデートしたり、

 

家に親がいない時に

コッソリと部屋に彼女を呼んで

イチャイチャしている間、

 

僕は1人部屋にこもって

ネットのエロ画像やエロ動画を眺めて、

自分を慰める・・・

 

f:id:thsrenai51:20170330110904j:plain

 

 

そんな恥ずかしい

毎日のくりかえしで、

高校生活3年間を

終えてしまいました。

 

 

 

 

・・・・・どうでしたか?

 

 

ここまで長い文章を

読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

これが僕の過去です。

 

見てもらった通り

元々は恋愛に関して

 

・経験ゼロ

・知識ゼロ

・自信ゼロ

 

そんな人間でした。

 

何の取り柄も無い

いじめられっ子でした。

 

 

 

この文章を読んで、

少しでもこのブログに

興味を持ってくれたと思っています!

 

 

 

今日もここまで読んでいただき

ありがとうございました♪

 

 

元・出会いがない工業高校生@しょーや。

JK食べ放題

んにちは!

しょーやです!

 

 

今日は

『JK食べ放題』

というお話をしたいと思います。笑

 

 

 

「何言ってんだよしょーやさん」

 

 

と思うかもしれませんが、

僕がJKを食べ放題

したわけじゃありません。笑

 

 

 

改めて自己紹介も兼ねて

少しお話しようと思うんですが、

 

 

僕は埼玉県にある

某工業高校を卒業し

今では普通の会社員です。

 

電気科に入って

第二種電気工事士だの

国家資格は取得しましたが、

 

今は電気とは全く関係ない

製造業の会社に勤務しています^ ^

 

 

土日休みなので、3/19(日)は

 

・焼肉

・寿司

・カレー

・炒飯

・うどん

・ラーメン

・唐揚げ

 

などの、みんな大好き系

食べ物たちが

ズラリと並んでいるで

食べ放題をしてきました!

 

 

食べるの大好きな

僕にとっては、

もはやテーマパークや

遊園地に近いテンション。笑

 

 

しかも、

 

・わたあめ

・ソフトクリーム

 

とかも自分で

作れちゃうという

なんとも楽しいお店でした。笑

 

 

そんな僕がウキウキしながら

カルビとタンをじゅーじゅーと焼き、

キムチを食べまくっていた

 

 

そんな時。

 

 

 

『男女約20人ほどの

高校生が隣の席近くに座ったのです。』

 

 

 

なにやら打ち上げムードの雰囲気で

盛り上がっている感じでした。

 

 

なんか見た感じで、

 

(あ。卒業式シーズンだもんなぁ)

 

と思いながら

少し騒がしい感じの集団は、

恐らく『共学校』

 

男女の割合も5:5と

すごく良い感じの割合。

 

 

たぶん

高校時代の僕がみたら、

(羨ましいなぁ。)

と真っ先に思う光景。

 

 

男子だらけの工業高校で

楽しかった面もあったので

後悔はないけど、

 

僕も共学校だったら

文化祭やらイベントの

打ち上げとかして、

 

クラスの女の子とかと

楽しい高校生活を送って、

 

 

『出会いがない』

 

 

なんて悩みは

一切なかったんじゃないか・・・

 

みたいなことを思っていました。

 

 

まぁ中学時代から

女友達すらまともに

いなかった僕が、

 

共学校に通ったところで

そんな状態になれるかどうかは

謎ですけど。。笑

 

 

 

でも、過去の僕も

このブログをここまで

読んでくれているアナタも、

 

もう工業高校に

通っているのだから

仕方ないですよね・・・

 

 

 

でも僕が直接

Twitter恋愛』を教え

コツコツと実践し、

 

見事SNS上で

他校の女子高生と

友達になって、

 

 

LINEの交換

女の子に安心感を

与えるための電話

リアルでデートする。

 

 

そんなことを達成した、元々は

アナタと全く同じ悩みを抱えていた

出会いのない工業高校生は

 

 

 

『今の状況に対して諦めないで

どうにかしてやるっ!』

 

 

 

という気持ちがあるんですよね。

 

 

この少し長いブログを

ここまで進めているそんなアナタも、

 

 

「どうにかしたい」

 

 

という気持ちがあるから、

 

僕がプレゼントした

Twitter恋愛攻略レポート』を

絶対、不安な気持ちもありながら

メールアドレスを登録してくれた

 

と僕は思っています。

 

 

 

あと大事なのは、

 

 

『どうにかしたい!』

 

『どうにかしてやる!』

 

 

という気持ちを

【持ち続けられるかどうか】

だけだと僕は思います。

 

 

 

でも、やっぱり

自分一人って大変です。

 

 

どうしたら良いかわからないですよね・・・

 

 

 

僕もアナタと全く同じ状態だったし、

自分に自信なんて無かったんです。

 

 

 

そりゃそうなんです。

 

 

だって、

『恋愛というテーマ』を

小学校から授業で

学んできたわけじゃないですもん。笑

 

 

 

なのでアナタが、

まだ少しでもこの現状を

 

 

『どうにかしたい!』

 

 

という気持ちがあるなら

僕にLINEしてください^ ^

 

 

今のアナタが

『0』の状態だとしたら、

 

10~100

と成長させることの

お手伝いはできますので!

 

 

それでは、

連絡まっていますね(^^)

 

 

今日も最後まで読んで頂き

ありがとうございました♪

 

 

 

元・出会いがない工業高校生@しょーや。

女友達ゼロから彼女をゲットした工業高校生のたった一つの共通点とは!?

んにちは。しょーやです。


 


前回の記事で

 


『工業高校生が越えなければならない

最初の壁』



についてお話しました。




男子校とハッキリ断言してもいい

工業高校生が、

出会いの壁を越えるために、



今回は




『出会いを求めていくときに必要なこと』




についてお話していきます。



彼女を作るためにはまず、
あなたを異性として認識してくれる
女友達が必要ですよね。





僕は

 


『出会いの壁』を


高校3年間で越えることができずに、
共学校のヤツらが話す
『青春時代』

味わうことが一切ありませんでした。



そして就職し、

2年間もこの壁を越えなれないで、

彼女いない歴=年齢』を

更新し続けていました。



本当に辛かったです。



正直、寂しかったです。

 

 



なのでブログを読んでくれている

あなただけには絶対に


『彼女ができない高校生活』

終わらせるなんていう、


辛くて、寂しい思いを

してもらいたくないです。


僕の後輩5人は

このSNSで出会いを量産する方法で

他校の女子高生と友達になり、

 

ショッピングモールに行って

一緒に映画を観に行ったり、

 


部活がOFFの日は

放課後に公園デートしたり、

 

休みの日は

ディズニーランドに行き、

 

二人とも制服姿で、

おそろいの耳をつけて、


夢にまで見た『制服ディズニー』
することができたりと、


 

・部活

 

・学校生活

 

・恋愛


全てにおいて充実した

高校生活を送ることができています。


リア充


 

ってやつですね。

 

しかし、


もともとはこの後輩5人にも

女友達と言える人が全くいませんでした。


彼女ができそうにもなく、

出会いのチャンスも無かった後輩5人は、


今回お伝えする



『出会いに必要なこと』



を理解していたんです。

 

あなたはこれを知らないと



女友達もできずに
どんどん女の子との会話への
抵抗が増していって、

 

仲の良い女友達さえ作れずに
青春っぽい思い出を一つも作ることなく
卒業していくことになります。


 

 

そんなのはいやですよね?



女の子と仲良くなって
映画を観に行きたいですよね?



深夜に女の子とLINEして
ニヤニヤドキドキしたいですよね?



好きな女の子の手を
ギュッと握りしめたいですよね?





それなら今日お話しすることを頭に入れて
一緒に頑張っていきましょう。





では、





その出会いに必要なこととは?






『行動』




です。





「は?」




とあなたは思ったかもしれません。




しかし、あなたの今の生活を見直してみてください。





出会いを求めて何か行動していますか?




僕が女友達すらできなかった
3年間の高校生活は、



授業を受けて、

レポートに追われて、

放課後は部活。



そして「疲れたなぁ」と言いながら
家に直接帰宅。



夜は大好きなゲームやったり、

漫画ばかり読んでいたり、

毎週続いているドラマを観たり



そんな生活をしていました・・・。




この生活の中に一つも

女の子と出会うための『行動』

していたところがなかったんです。




あなたはどんな毎日を送っていますか?





もし僕と同じような生活をしていたら
出会いは一切ないと断言します。




僕は地元の女の子と駅で
奇跡の再会があってそこから・・・



なんてこと考えていましたが、
電車の中で再会する確率は
限りなく低く、
2ヵ月に1度程度でした。




そんな行動で出会いがあると思いますか?





「そんなこと言っても、
何をすれば他校の女子高生と出会えるのか
わからないんです!」



「ナンパなんてする勇気ないし・・・」





そうなんですよね。





どうしたら出会えるのか
全くわからないんですよね・・・



出会ってもどんな会話すればいいか
わからないし・・・




僕はその気持ちよくわかります。



だから僕も、出会うための行動が
全く出来ていなかったんだと思います。





しかしあなたは安心してください。



このブログを読んでくれている
あなただけに



『一度も出会うことなく』



1週間に5人の
他校の女子高生と友達になれる方法を
このブログで書いていきます。



あなたは行動する方法を
『知らなかっただけ』なんです。




あなたは悪くないんです。




そんなの教えてくれる
リア充な友達はいませんよね?



先生も一切

そんなこと教えてくれませんし・・・



もちろん実習からも学べない・・・




ですので、あなたはこのブログを通して
他校の女子高生と出会う方法を知り、
一つずつ『行動』に移していってください。

 



そうすれば
このブログを読んでいるあなただけが、



クラスにいるモテない男子たちを差し置いて
お気に入りの女友達を量産し、



女友達の手をギュッと握りながら
デートをして、

 



TwitterなどのSNS

 


「今日は○○ちゃんとデートしてきた!」



「スイーツパラダイスにいって
お腹いっぱい!」



みたいな楽しそうな写真つきで
リア充ツイートをすることが
可能になるのです。




そんな高校生活送りたいですよね?




その出会うための
具体的な方法を次の記事に

書いていきますので、
一緒に頑張っていきましょう。





最後までお読みいただき

ありがとうございました♪


 


元・出会いがない工業高校生@しょーや。

工業高校生が越えなければならない壁

 


『工業高校は男子校なんだよ!!』


 


という叫びが聞こえてきました・・・。





こんにちは。しょーやです。





【工業高校=男子校】



そうなんですよね。


僕も高校3年間ずっと思ってました。



工業高校に通っている女子達には
ものすごく失礼かもしれないけど、

 

工業高校男子は
こうも叫びたくなりますよね。


 

彼女ができない言い訳とか
全然そうゆうわけじゃないんだけども、




『工業高校は男子校だ!』


 

 

と叫びたくなるあなたの気持ちは
僕にもよくわかります。


 


僕の通っていた工業高校には
確かに女子も通っていました。



しかし、僕のクラスは

3年間男子だけだったので、
他学科にいる女子と会話する機会など
なかったんです。



だから



『教室の中が男だけ』

 


という空間に
3年間も閉じ込められたのです。



工業高校を選択した時点で
覚悟はできていたけど、

 


こんなに女の子と会話する

機会が激減する環境だなんて・・・。




1日で会話する女性は母親だけ・・・。


 


あなたにもそんなことありませんか?





しかし、


 


3年間、男子だけの環境に浸かる

工業高校生のあなたが、

 


『他校の女友達を作って、

ディズニーランドとか
ショッピングとか

普通のデートがしたい!!』



『彼女がほしい!!!』



と本気で願うのなら


彼女をゲットするために
まず初めに絶対に越えなければならない




【壁】



があります。



この壁について認識し
越えていかなければ、



あなたを異性として見てくれる
女の子は高校生活3年間決して現れず、


このままずっと男だけの学生生活を
送り続けることになります。



就職して社会人になってからも


「はぁ・・・。今年も彼女ができずに
年を越すのか・・・」

 


そんな絶望感に悩まされる毎日。



あなたは親の気配を気にしながら
孤独な自分の部屋で、

無料のエロ動画サイトをスマホで検索し


一生自分を慰め続けることに
なってしまいます。

 



そんなのいやですよね?




 



では、



その『壁』とは?







【出会い】




です。





「そんなのわかってます。」

 


「だから苦しんでるんですよ。」

 


「どうやったら出会えるんですか?」




そんな意見や疑問があるかと思います。






工業高校生ってとにかく
出会いがないんですよね。



しかも、


どうやったら他校の女子高生と
出会えるかなんて全くわからないし。

 


彼女いるヤツは中学からの同級生だし。

 


女の子紹介してくれる
友達も周りにいないし・・・。



ナンパなんてそんな勇気ないし。




そんな女友達のいない


『ゼロ』


の状態あなたでも、


クラスメイトや部活仲間が
越えたくても越えられない



【出会いの壁】




を突破する禁断の方法を
このブログではお伝えしていきます。



□彼女がほしい


□女友達すらいない


□そもそも出会いがない



この悩みの項目一つでも
当てはまるのなら、


今すぐに
携帯のブックマークに登録して、


このブログをぜひ

読み進めていってくださいね。




 


次回の記事では



女友達ゼロから彼女をゲットした

工業高校生が必ず持つべき



『たった一つの考え方』




についてお伝えしていきます!




最後まで読んでいただき
ありがとうございました♪

 

 

 

 

元・出会いがない工業高校生@しょーや。

 

類は恋を呼ぶ


んにちは。

しょーやです!




今回は




『女の子との距離を縮める3つの法則』




の一つをお伝えしていきたいと思います。



この法則を知れば、
あなたが気になっている
お気に入りの女の子はもちろん、



人間関係すべての



・会話中



TwitterのDM



・LINEのメッセージ



などの

 

全てのコミュニケーションが
円滑に進むようになって、



女の子のほうから
相談事や悩みごとを打ち明けてくれて、
あなたのことを
頼りにしてくれるようになります。


 


この法則を知らないだけで、



『女の子から異性として認識されない』




どころか




『友達にもなれない関係』になって、



あなたから送ったすべてのメッセージを





『既読無視』




されることになってしまいます。




 

では、



その法則とは?






【類似性の法則】





と言います。


この法則は

心理学者、エレン・バーシェイドが
提唱した法則で、



『人は自分と似ている相手に対して魅力を感じる』



という法則なんです。



なぜ似ている相手に
魅力を感じるかというと、



似ているところが多ければ多いほど、
その相手とはストレスなく恋愛をすることが
できるからなんですね。



女性はよく


「価値観の合う人が好き」


と言いますが、価値観とはまさに
この類似性の多さを
言っているのだと思います。



この似ているところというのは



・今までの経験


・趣味


・住んでいる地域


・好きな食べ物


・教育レベル



などです。



人は誰だって、
似ているところ、共通点がある相手は
好きになってしまうものなんですね。



なので、そんな相手だったり
自分の意見に同意してくれたり
自分を認めてくれれば、



「この人私と一緒だ!」


「この人、私のことわかってくれる!」


「この人自分の味方なんだ!」



と女の子は思い、
あなたに魅力を感じるようになります。



ちなみに
ヤンキーの友達はヤンキーだったり、
オタクの友達がオタクっぽいのも
この理由なんですね。



この類似性の法則を使うときの
ポイントは



『相手の女の子と価値観を合わせること』



もちろん無理に価値観を
合わせる必要はありません。



あなたは
あなたのままでいいんです。



今のあなたの中から
女の子の共通点を見つけるよう
意識してみてください。





まずは、相手との会話や
LINEのメッセージをしているときに



あなたと共通する話題を見つけることを
意識していきましょう。




共通することを見つけたら、
すかさずその話題を掘り下げてください。




「なんか難しい・・・」




と思うかもしれませんが
安心してください。





例えば、

出身地、年齢、学年、誕生日



どんなささいなことでもいいので
相手との共通点を探してみてください。




特にオススメなのが、

趣味・好きな音楽・映画・芸能人などです。




この4つの話題は共通すると
女の子との会話が止まらなくなるという
嬉しい悲鳴をあげることができます。




僕の経験なのですが、



僕が以前知り合って、
今でも空いている時間に
デートに誘える女の子は



『音楽の趣味』が共通していたことから
初対面からたった5分で打ち解け合いました。



以前付き合っていた彼女も
『出身地』が近いことから
会話が止まらなくなり、
仲良くなっていきました。




共通点が見つかることによって
相手の女の子は笑顔で食いつき、
勝手に話し出すようになります。



あなたは話を聞いてるだけで



「いいよね!」


「それ最高!」

 


とか言って共感してあげるだけで




「○○君と話していると楽しい!」



と自動的に思われるようになります。


 



そうなればもうあなたのものです。

 



あなたとメッセージや会話がすることが
楽しくなり、女の子の方から
勝手にアプローチしてくるようになります。



ですので、
相手のコミュニケーション全般で



『共通点を探すこと』



を意識してみてくださいね。



最後まで読んでいただき
ありがとうございました♪


 

 

 元・出会いがない工業高校生@しょーや。